2016年3月28日月曜日

子供用自転車にも『防犯登録』加入のススメ


自転車を購入した時に
店員さんから加入を勧められる

『防犯登録』について説明します。


≪ 『防犯登録』はどんな制度? ≫

①登録を義務化されている
②決められた登録料を払うと加入
③各警察署に情報が登録される
④盗難などの時に所有者に連絡出来る


自転車の盗難防止。

放置、盗難自転車を所有者に
返還することを目的として

平成6年6月に義務化されました。

盗難届を出した後に発見された場合
持ち主に連絡が入ります。

近くの警察署へ自転車の転送を
行ってくれば良いのですが

発見された管轄の警察署まで

取りに行かなければなりません。
(2016年3月現在)


≪ 登録方法について ≫

各都道府県の公安委員が指定する

自転車防犯登録の推進と
業務運営を行う団体が委託した

「自転車防犯登録所」の看板がある店
(自転車店・ホームセンター等)や

住んでいる地域によっては

地区防犯協会(各警察署内)でも加入できます。


≪ 登録料と有効期限(2016年4月現在) ≫

登録料と有効期間は全国共通ではありません。

【 登録料金 】

  500円・510円・600円・616円
  (非課税または税込み)

  自転車に貼る防犯登録シール代や
  手続きに関する事務経費

  盗難防止の広報活動などに利用。

  加入者の登録情報変更・継続登録などで

  手数料(100~300円程度)を請求される
  地域もあります。


【 有効期間 】

  5年・7年・8年・10年・12年・無期限

  各都道府県の警察署のコンピューターに

  登録番号・登録した自転車の車体番号・
  所有者の住所・電話などを登録し

  盗難・放置等で利用するそうです。

  ちなみに新潟県は500円(非課税)で無期限。


≪ 「登録カード」とは? ≫

『防犯登録』の手続きが終わると

「登録シール」を貼った自転車と一緒に
渡されるカードです。

「登録カード」には車体番号や
登録シールの番号などが記入されるので

盗難届を出す時に持っていくと
手続きが早くできます。

カードを持っていないと

登録情報を検索するのに時間が掛かります。
(管理している警察署に照会するため)


≪ 加入しないと? ≫

法律で義務化されてるものの

罰則規定はありません。

購入者が任意で加入する
自転車の登録制度となってるのが

『防犯登録』の現状です。


★盗んだ自転車を子供に与えるためや
転売して換金する目的のためのに

『防犯登録』された子供用自転車よりも

未加入の子供用自転車が
狙われやすいと言われてます。

「登録シール」を剥がした跡で

窃盗したことがバレてしまうより

シールを貼ってないものを盗んだ方が

自分(犯人)の自転車であることを
主張しやすいからです。

子供の成長は早いから

2~3年くらいで買い替えになるし

例えば、12インチの自転車は
近所や家の敷地(庭)だけしか乗らない。

盗難届を出したとしても
すぐに見つかるかわからない。

いくら警察であっても

個人情報を渡したくないどころか
加入料さえも払いたくないなど

各ご家庭の諸事情や考え方があります。

もし、『防犯登録』に加入した自転車が
盗まれたりして行方不明になった時
 
盗難の届出(盗難届)を出していれば

発見されると警察から連絡が入るし

当方も経験があるのですが・・・

盗まれた自転車を自分で発見した場合

警察や交番に通報すると

張り込みを行って犯人を捕まえることもあります。

   ※トラブルを避けるためにも
    自分で発見した時は必ず通報を。

12~18インチまでの幼児向自転車は

『防犯登録』の対象外となってますが

お子さんが自転車で迷子になったりなどで
ご家族への連絡が必要な時

登録された情報を使うこともあるそうです。

どのインチの子供用自転車であっても

それぞれ違う車体番号から

個人(持ち主)の特定や
証明するための唯一の手段である

『防犯登録』への加入して欲しいと思います。

⇒ TOPへ

0 件のコメント: