2019年2月12日火曜日

もっと乗りやすい『いきなり自転車』へ ~ 『いきなり自転車 2018年モデル 』 ~


ピープルのロングユース自転車

『いきなり自転車 2018年モデル 』を紹介します。

  

 どんな自転車? 

①2018年10月中旬に発売
②6歳頃まで乗れる子供向け自転車
③車体設計を見直した
④本体重量:約12kg/約13kg/約14kg
⑤対象年齢:2または3歳~6歳まで


スタンドは付属されてません。

別売です。

補助輪を自転車から外す時は
レンチが必要となるため

不安な場合は自転車店にご相談ください。


 ラインナップ 

 【 12インチ 】

仕様:おりたたみタイプ

対象年齢:2歳~6歳まで

適応身長:約82~最大115cm
      (体重:25kg以下)

本体重量:約12kg

カラー:スカーレット

 【 14インチ 】

仕様:かじとりタイプ

対象年齢:2歳~6歳まで

適応身長:約83~最大115cm
      (体重:25kg以下)

本体重量:約12kg

カラー:ブルーミングターコイズ
    ブルーミングラズベリー

 【 14インチプレミアム 】

仕様:かじとり・折りたたみタイプ

対象年齢:2歳~6歳まで

適応身長:約83~最大115cm
      (体重:25kg以下)

本体重量:約13kg

カラー:プレミアムホワイト

「いきなり自転車 2017年モデル」の記事はこちら


年齢の低いお子さんほど

自転車に乗るために必要な握力や
腕力、脚力が弱いので

フラフラ走行になりがちです。

新しい『いきなり自転車』

ハンドルがまっすぐ安定したまま
走行ができるよう

前輪側のフレーム構造を改良し

ふらつきの出にくい自転車になりました。

また、前輪の両軸からカゴを
下から支えるパーツ

「ステー」という部品を無くすなど

カゴの固定方法も変えたので

ハンドルを左右に曲げても

カゴはまっすぐ前を向いたまま!!

ハンドル操作の動きと連動して
カゴが動くこともないから

荷物を載せている時でも

漕ぎ出しやすいと思います。

荷物と言えば・・・

『いきなり自転車 2018年モデル』
かじ取りハンドルの棒部分に

「フック」が付きました。

 耐荷量:2kg
 全長40cm未満のもの

決められた以上の重さや
大きな荷物を掛けてしまうと

押し手棒の変形や破損。

自転車の転倒事故につながる
恐れがあるため

お子さんの帽子やヘルメットなど

軽くて小さな物なら大丈夫。

例えば、水筒を掛ければ

暑い夏など日頃の水分補給にも
役立ちそうです。

  価格・カラー確認はこちら ⇒ amazom

⇒ TOPへ

0 件のコメント: